トップ 最新 追記 RDF

雄也の?日坊主日記


2009-04-01

_ [rd2odt] rd2odt-0.0.1公開

日付的に空気読んでない感じですが,主にバグフィックスのためのリリースをしました.

不具合修正

  1. 見出しをまたがる番号付き箇条書きで番号付けが狂う点の修正.

    例:
    (1) EnumList 1
    
    == Headline 2
    
    (1) EnumList 1
  2. 番号なし箇条書きが間に入る番号付き箇条書きで番号付けが狂う点の修正

    例:
    (1) EnumList 1
        (1) EnumList 1-1
    * ItemList *1
      (1) EnumList *1-1

機能拡張

  1. (RDtoolにならって)'=begin'と'=end'がないときでも動作するように変更しました.

2009-04-03

_ [Linux] パーティションテーブルを強制的に読み直す方法

fdiskやcfdiskなどでパーティションテーブルを変更した場合,BLKRRPARTのioctlを使ってパーティションテーブルを再読み込みする.

しかし,以下のケースでは再読み込みに失敗する.

  1. mountしたパーティションのあるディスクをマウントした状態でパーティションを切り直したとき. (BLKRRPARTでEBUSYになる)
  2. USBメモリなどのパーティションをいじる際にfloppyグループの一般ユーザで行ったとき. (権限不足でEACCESになる)

そんなときは上記の状況を解消した後でもう一度BLKRRPARTを行って再読み込みすればよい. これにはhdparmを使ってできる.

% sudo hdparm -z /dev/sdb

/dev/sdb:
 re-reading partition table

2009-04-07

_ [Debian][git] /etcをギットギトにしてやった

標題の話だけではつまらないのでgit commitしていないファイルが存在するときは aptitude installできないように細工した.

こうすることで,うっかりgit commitし忘れても パッケージのインストール/アンインストールまでには対応することだろう. だれがって自分がだけどさ.

/etcをgit化

月並な方法だが以下のようにして/etcをgit化した.

% cd /etc
% sudo sh -c 'cat > .gitignore' <<EOF
*~
*.dpkg-dist
*.dpkg-old
mtab
ld.so.cache
resolv.conf
adjtime
EOF
% sudo git init
% sudo git add .
% sudo git commit -m 'gitized.'

.gitignoreは必要になったら追加しよう. 生成されたメニューのファイルについては入れるか入れないか迷ったけど, 迷ったので.gitignoreには入れずにgit管理することにした.

ディスク容量を多少喰う程度だけん,こういう場合は安全側に倒す. やめたくなったら.gitを削除するだけだしね.

git commitの強制

以下の2つのファイルを用意した.

これは,apt-get install/aptitude installなどでdpkgの実行前に/etcをチェックして コミット漏れのファイルがあれば,dpkgを実行させずにapt-get/aptitudeを終了させる\\ ものである.

check-git-statusの実行をapt-listbugsの実行前にしたかったので, 09check-git-statusという名前にした. apt-listbugsの実行前にしたかったかのは, apt-listbugsの確認を行った後でコミット漏れがあったときに失敗し, 次の実行のときにはapt-listbugsの出力内容を忘れてしまい, 再び確認するはめになることを防止するためである.

試す

導入するとAPTやaptitudeを動作させるときに以下のようになる.

パッケージインストール時

/etcのファイルが全てコミット状態なら通常通りAptitudeやAPTによってインストールできる. また,インストール後に未コミット状態のファイルを出すようにしてある.

% sudo aptitude install nginx
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
...
nginx (0.6.34-2) を設定しています ...
# On branch master
# Untracked files:
#   (use "git add <file>..." to include in what will be committed)
#
#       init.d/nginx
#       logrotate.d/nginx
#       nginx/
#       rc0.d/K20nginx
#       rc1.d/K20nginx
#       rc2.d/S20nginx
#       rc3.d/S20nginx
#       rc4.d/S20nginx
#       rc5.d/S20nginx
#       rc6.d/K20nginx
nothing added to commit but untracked files present (use "git add" to track)
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
...
うっかり未コミットの状態でインストールを行おうとしたとき

以下のようにインストール前に失敗し,未コミットなファイルを表示する.

% sudo aptitude install sl
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
...
拡張状態情報を書き込んでいます... 完了
# On branch master
# Untracked files:
#   (use "git add <file>..." to include in what will be committed)
#
#       init.d/nginx
#       logrotate.d/nginx
#       nginx/
#       rc0.d/K20nginx
#       rc1.d/K20nginx
#       rc2.d/S20nginx
#       rc3.d/S20nginx
#       rc4.d/S20nginx
#       rc5.d/S20nginx
#       rc6.d/K20nginx
nothing added to commit but untracked files present (use "git add" to track)
E: Problem executing scripts DPkg::Pre-Invoke '/usr/local/sbin/check-git-status'
E: Sub-process returned an error code
パッケージをインストールできませんでした。復旧を試みています:
...
コミットしてからもう一度

普通にgitを使う感じで/etcのファイルをコミットする.

% cd /etc
% sudo git add .
% sudo git commit -m 'aptitude install nginx'

コミットが終わったら,通常通りインストールが行える. slパッケージのように/etcにファイルを作成しないパッケージのみの場合はgit statusを実行しない.

% sudo aptitude install sl
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
...
sl (3.03-16) を設定しています ...
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
拡張状態情報を読み込んでいます
パッケージの状態を初期化しています... 完了
拡張状態情報を書き込んでいます... 完了
/etcのファイルが編集されていたらremoveもできない.
% sudo touch /etc/some-change
% sudo aptitude purge sl
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
拡張状態情報を読み込んでいます
パッケージの状態を初期化しています... 完了
以下のパッケージが削除されます:
  sl{p}
更新: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 1 個、保留: 0 個。
0B のアーカイブを取得する必要があります。展開後に 123kB のディスク領域が解放されます。
先に進みますか? [Y/n/?]
拡張状態情報を書き込んでいます... 完了
# On branch master
# Untracked files:
#   (use "git add <file>..." to include in what will be committed)
#
#       some-change
nothing added to commit but untracked files present (use "git add" to track)
E: Problem executing scripts DPkg::Pre-Invoke '/usr/local/sbin/check-git-status'
E: Sub-process returned an error code
パッケージをインストールできませんでした。復旧を試みています:
...

2009-04-08

_ [Debian][git] /etcをギットギトにするdebパッケージ

「/etcをギットギトにしてやった」をdebパッケージにしたもの.

あとで書く.


2009-04-10

_ [Debian][git] ギットギトにするdebパッケージ

/etcをギットギトにしてやった をみて Ubuntu Weekly Recipe:第58回 ファイルのバージョンを管理する|gihyo.jp … 技術評論社 で知った etckeeper を最近使ってみていることを思い出した。

[etckeeper - %!zt! diary (2009-04-08)より引用]

思いっきり車輪を作ってしまうところだった...

ということでetckeeperでやろうとしていたことはできた.これを使っていこう.


2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2006|05|
2007|04|05|09|10|11|
2008|04|05|08|10|11|
2009|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2010|02|03|04|07|10|
2011|04|08|
2012|02|10|
2014|05|06|08|
2018|03|
楽天で探す
楽天市場
キーワードから探す
楽天トラベル