トップ 最新 追記 RDF

雄也の?日坊主日記


2010-03-03

_ [Debian][TYPE T VGN-TZ90HS] XenのDomain UでXを動かす(ように見える設定)メモ書き

すごい個人的なメモ. 多少前後しているため,そのまま通してもうまくセットアップできないかもしれない.

「ように見える」としている. これはDomain UではVNCサーバを動かしていて, Domain 0からVNCクライアントで接続しているから.

目的は以下.

  • メインの環境がDomain Uにあることでマシンが壊れてしまった場合に, 他のPCへ展開がしやすい.

以下を行っている.

  • 暗号化パーティションの上にLVMを置いて, その上にDomain Uのパーティションを用意する.
  • Domain 0でXサーバを動かす.
  • Domain UでVNCサーバを動かす.
  • Domain 0でVNCクライアントを動かしてDomain UのVNCサーバにつなぐ.

想定

  • VAIO Type T (VGN-TZ90HS)
    • ブートはUSBメモリから(光学ドライブがない)
  • Domain 0はDebian GNU/Linux Lenny
  • 既にDomain Uになるものはあって,rsyncでコピーする.

Domain 0としてDebian Lennyのインストール

  1. boot.img.gzを

    % zcat boot.img.gz | dd of=/dev/sdb

    でUSBメモリに書き込み

  2. mountしてdebian-504-i386-netinst.isoをUSBメモリのルートにコピー
  3. 以下のようにパーティションを切った.

    8G   ntfs
    30G  ntfs
    10G  ext3	/
    80G  暗号化物理ディスク	非活性
    5G   スワップ
  4. 通常通りインストールを進める.

Domain-0の雑多な環境設定

本節はかなり個人的な設定なので読み飛ばしてもらって構わない.

etckeeperのインストール
# aptitude install etckeeper
# etckeeper init
# vi /etc/etckeeper/etckeeper.conf

[AVOID_COMMIT_BEFORE_INSTALL=1]を有効にする.

その他インストール
# aptitude install sudo zsh screen lv
# visudo

sudoの設定

$ chsh -s /bin/zsh
Caps LockをCtrlにする
% cd /etc/console
% sudo gzip -d boottime.kmap.gz
% sudo vi boottime.kmap
keycode 58 = Caps_Lock

keycode 58 = Control

に変更

% sudo gzip -9 boottime.kmap
% sudo /etc/init.d/keymap.sh reload

Domain 0で暗号化パーティションの設定

sda6を暗号化パーティションにして /dev/mapper/encryptedでアクセスできるようにする. (まとめてて思ったがdecryptedの方が正しかったかもしれない...)

% sudo aptitude install cryptsetup
% sudo cryptsetup --verbose --verify-passphrase \
  --cipher aes-cbc-essiv:sha256 luksFormat /dev/sda6
% sudo cryptsetup luksOpen /dev/sda6 encrypted
% ls /dev/mapper/

encryptedがあることを確認

% sudo vi /etc/crypttab

以下を追加

encrypted /dev/sda6 none luks
% sudo shutdown -r now

参考:

  • http://docs.fedoraproject.org/release-notes/f8/ja/sn-FileSystems.html

LVMの設定

/dev/mapper/encryptedの上でLVMの設定を行う.

% sudo aptitude install lvm2
% sudo vgscan
% sudo pvcreate -v /dev/mapper/encrypted
% sudo vgcreate -s32m vol1 /dev/mapper/encrypted
% sudo vgdisplay

参考:

  • http://japan.internet.com/linuxtutorial/20070713/1.html?rcmd
  • http://www.itmedia.co.jp/enterprise/0307/11/epn01_7.html

再起動して動作確認

% sudo shutdown -r now
% sudo vgdisplay

Domain Uで使うパーティションの用意

  1. パーティショニング

    % sudo lvcreate -nyoshiyuki-root -L3G  vol1
    % sudo lvcreate -nyoshiyuki-usr  -L10G vol1
    % sudo lvcreate -nyoshiyuki-var  -L4G  vol1
    % sudo lvcreate -nyoshiyuki-home -L40G vol1
    % sudo mkfs -t xfs /dev/mapper/vol1-yoshiyuki--root
    % sudo mkfs -t xfs /dev/mapper/vol1-yoshiyuki--usr
    % sudo mkfs -t xfs /dev/mapper/vol1-yoshiyuki--var
    % sudo mkfs -t xfs /dev/mapper/vol1-yoshiyuki--home
  2. /mediaにmountしてからrsyncでファイルを置く. 以下の/tmp/media-1はmountしたrsync元のディレクトリ.

    % sudo rsync -avH --numeric-ids --progress \
        --exclude='/tmp/media-1/proc/*' \
        --exclude='/tmp/media-1/dev/*' \
        --exclude='/tmp/media-1/sys/*' 
        /tmp/media-1/ /media
  3. fstabの設定を変える.

    % sudo vi /media/etc/fstab

Domain 0の設定

% sudo aptitude install xen-linux-system-2.6.26-2-xen-686 \
    xen-tools bridge-utils

ブリッジ接続にする.

% sudo vi /etc/xen/xend-config.sxp
  • (network-script network-bridge)を有効にする.
  • (network-script network-dummy)をコメントアウトする.

Domain Uの起動設定

半分好みの設定だが,/etc/xen/avalableにDomain Uの設定を置いて, /etc/xen/autoに自動起動のためのsymlinkを置く.

  1. 設定ファイルを置く.

    % sudo mkdir -p /etc/xen/{avalable,auto}
    % sudo vi /etc/xen/avalable/yoshiyuki.conf
    kernel = "/boot/vmlinuz-2.6.26-2-xen-686"
    ramdisk = "/boot/initrd.img-2.6.26-2-xen-686"
    memory = 1536
    name = 'yoshiyuki'
    
    root = '/dev/sda1 ro'
    disk = [
      'phy:/dev/mapper/vol1-yoshiyuki--root,sda1,w',
      'phy:/dev/mapper/vol1-yoshiyuki--usr,sda5,w',
      'phy:/dev/mapper/vol1-yoshiyuki--var,sda6,w',
      'phy:/dev/mapper/vol1-yoshiyuki--home,sda7,w',
    ]
    
    on_poweroff = 'destroy'
    on_reboot   = 'restart'
    on_crash    = 'restart'
    
    vif = [ 'mac=00:16:3e:00:00:01' ]
    
    extra = 'xencons=tty console=tty1 clocksource=jiffy'
  2. 起動できるか確認する.

    % sudo xm create /etc/xen/avalable/yoshiyuki.conf -c

    なお,^[で元のDomain 0に戻れる.

  3. 自動起動させる.

    % cd /etc/xen/auto
    % sudo ln -s ../available/yoshiyuki.conf

Domain 0でXorgの設定

Xorgの設定をする. なお,好みだけどCaps Lockは使わないのでCtrlにする.

% sudo aptitude install xorg
% sudo X -configure
% sudo mv xorg.conf.orig /etc/X11/xorg.conf
% sudo vi /etc/X11/xorg.conf
...
Section "InputDevice"
  Identifier "Generic Keyboard"
  Driver     "keyboard"
  Option     "CoreKeyboard"
  Option     "XkbOptions" "ctrl:nocaps" # ここを追加
EndSection
...
% sudo aptitude install xtightvncviewer 

xtightvncviewerが起動するように設定

% vi ~/.xinitrc
#! /bin/sh

exec xtightvncviewer -geometry +0+0 <Domain Uのホスト>:5600

Domain UでVNCサーバのインストール

% sudo aptitude install tightvncserver

使うとき

本当は自動起動してgdmとかがいいだろうが力尽きた...

Domain UでVNCサーバを起動

ログインしてから以下

% Xvnc -geometry 1366x768 -depth 24 &
% env -- DISPLAY=:0 ~/.xsession &
Domain 0でXサーバの起動後にVNCクライアントを起動
% xinit

2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2006|05|
2007|04|05|09|10|11|
2008|04|05|08|10|11|
2009|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2010|02|03|04|07|10|
2011|04|08|
2012|02|10|
2014|05|06|08|
2018|03|
楽天で探す
楽天市場
キーワードから探す
楽天トラベル